アイコン

これからダイアトニック・ボタン・アコーディオンを始めたい人へ



ダイアトニック・ボタン・アコーディオンはピアノ式のアコーディオンに比べて汎用性が低く、民俗楽器的な性質を備えたアコーディオンです。入手には多少の予備知識も必要です。修得には演奏したい音楽のジャンルをはっきりさせるだけでなく、そのジャンルの現地情報や楽譜、CD、テープ等の入手も必要となります。

楽器を始める最初のきっかけはなんでもよいと思います。あのアーティストが弾いていた楽器と同じものが弾いてみたい、とにかくあの音が好き、見た目が可愛い等など。しかし、この楽器は日本の町のアコーディオン教室では教えていませんので修得には独学覚悟である程度どん欲な姿勢も必要になるかもしれません。

このホームページではダイアトニック・ボタン・アコーディオンの使われる音楽のジャンルの紹介とそれに関する情報とモノを”自力”で収拾できるような道しるべをしたいと願っています。隅から隅まで読んでいただければ何かの糸口が見つかるでしょう。自分が楽器の修得に必要だったものは全て載せているつもりです。なにか不明な点がありましたら、どうぞ遠慮なくお問い合わせください。掲示板に書き込んでくださっても結構です。私たちよりも物知りな方が答えてくださるかもしれません。

【アコーディオンを初めてさわるときのお願い】人に楽器を見せて貰うとき、楽器屋さんで触るとき、また自分で楽器を手にいれたときは勿論!最初に蛇腹を開くときは必ずエア・ボタン(空気抜きボタン)を押して静かに開きましょう。 *エアボタンはアコーディオンの仲間は左手の親指の位置、コンサティーナは右の親指の位置にあります。バンドネオンは大きな金属のレバーがついていますからすぐわかります。


HOME PAGEにもどる