7/29 木 Killarny〜Kilrane 移動日


Killarneyのホテルでの朝ご飯はあまり広くないダイニングにホテル中のお客さんが集まってかなりの混雑だった。家族連れも多く、幼児の女の子どうしで「おはよう、名前なんていうの?」なんてやりとりもあってほほえましかった。アイルランドの朝ご飯、今更気がついたが、イギリスと同じようなものを食べたかったら"full English breakfast"ではなく"full Irish"といえばいい。アイルランドの朝ご飯はその他に黒っぽいソーセージ(プディング)とかアイリッシュソーダブレッドなどが付く。
朝食後、会計をすませ、ホテルを出発。この日の朝は小雨が降っていたが、少し湖の周りを散策してから、England帰国に向けて東海岸のRosslareの港を目指して走る事になった。 昨日GETしたDan HerlihyさんのCDを聴きながらの快適なドライブ。


湖を馬で散策する人々もいる。なんとも優雅。

ごつごつ岩

湖を見られる駐車場があったので、車をとめて湖を見に行く。ふと、一昨年のウインダミアの湖を思い出す。湖の畔はいかにも数億年前の地殻変動で海底だった所が隆起したというような岩でごつごつしている。遠くの方には白鳥もいた。

Killarnyの湖のほとりで

最近は娘もこんな写真を
撮ってくれるのが嬉しい。

展望台からの眺め

2カ所くらいで眺望を楽しんでから、一路アイルランド東海岸へむけて走り始めた。
途中の町(どこだったかの記憶なし)で昼食。家庭的なパブ&レストランだった。

飛び込みのパブ&レストランで食事。

お昼前でまだお客が少ない。

おすすめはローストビーフだったけど、娘はポテトとナゲット、
私はムール貝のグラタンのようなものを注文。ムール貝とカキが ゴロゴロ入っていた。娘のはこれでもお子様メニュー。
この日はアイルランドの中を移動し、明日は朝一番のフェリーでイングランドへ戻る予定なので、移動もやや余裕があり、夕方になる前にRosslareには着いた。


Rosslareの港はもうすぐ。

フェリーポートへ行ってみた。

朝一番のフェリーに乗るため、事前に港へ行ってチケットを入手し、それから予約していたRosslare港近くのKilraneの宿へ向かった。表通りからは歩いていけるくらいの近距離だ。少々割高だが、朝早くのフェリーに乗るお客さんも多いので、早朝に朝食を用意してくれるのがよい。ウチは朝7時に朝食を出して貰うことにした。荷物の整理やカメラの充電などをしてから、夕食へ。

町で2件のパブのうちの1件。キャッチフレーズは「アイルランド最後のパブ」

町に2店しかないパブをはしごしようと思ったが、娘がぐずるので明るいうちに宿へ戻る。その晩は事前に入手していたSidmouthのフェスのプログラムをチェックしながら眠りについた。



次の日を見る 旅行の目次に戻る HOME PAGE