1. French Tune Medley(trad.)
(Scottische A Dede / Rutabaga / Plant Un Cao)
 フランスのショティッシュをメドレーで。ハーディガーディを摸したコンサーティーナのソロと、中盤以降のバンドサウンドとのコントラストが面白い。
It's a interesting contrast between the solo play imitated hurdy- gurdy on concertina and the band sound in passing the middle .

Yoneyama Eiichi / Melodeon
Koizumi Maki / Concertina
Koizumi Toshiro / Acoustic Guitar
Koizumi Masayoshi/ Bass
Oku Kazuhiro / Mandolin

2. Young Collins / Princess Royal(trad.)
 イングランドでは非常にポピュラーな、モリスダンスチューン2曲。意表をついて、ストリングバンド風に始まる。
They are very popular Morris Dance Tune in England. It unexpectedly starts like Strings band.

Koizumi Masayoshi/ Concertina
Koizumi Maki / Melodeon
Koizumi Toshiro / Acoustic Guitar
Oku Kazuhiro / Mandolin

3. Loch Lomond(trad.)
 スコットランドの超有名なトラッドを大胆にエレクトリック化。結果は、メンバーの予想を上回るものに?
We daring electricted the Trad which are extremely popular in Scotland....and find the better effect than we expected.

Daikoku Tohru / Bandoneon, Stick, Vocorder
Shiraishi Hisao / Electric & Acoustic Guitars, Guitar-Syn, Violin
Okamoto Yasuko/Piano

4. Mazurka & Waltz(trad.)
(Mazruka D'Auvergne / Philippe Krumm Waltz)
 入魂のメロディオンソロ。フランスのマズルカとワルツをセットで。
Melodion solo in spiritual passion. Set of French Mazurka and Waltz.

Yoneyama Eiichi / Melodeon

5. Orange In Bloom(trad.)
 小泉夫妻のイングランド旅行土産。モリスダンスのワークショップで覚えた、コッツウォルドの代表的なモリスダンスチューン。メロディオンの小泉真樹は、「今でもこのメロディを聞くと、モリスダンサーがハンカチを振りながら踊る光景が浮ぶ」という。
This tune is the souvenir of Mr.&Mrs. Koizumi trip for England. They says " Learned it on workshop of Morris Dance." It's typical Morris Dance tune of Cotswold. Melodion player-Koizumi Maki says "This melody remind me of the scene that Morris dancers were dancing with waving their handkerchief."

Koizumi Masayoshi/ Concertina
Koizumi Maki / Melodeon
Koizumi Toshiro/ Acoustic Guitar
Oku Kazuhiro / Mandolin

6. 想いのとどく日 El Dia Que Me Quieras(Alfredo Le Pera - Carlos Gardel)
 アルゼンチンタンゴ・タイム・パート1。タンゴの父、カルロス・ガルデルの曲。もともとは恋の唄なのだが、素晴らしい邦題のせいか、ついいろいろなイメ−ジを思い浮かべてしまう。望みがかなうことは、たいへんな喜びであるはずなのに、ちょっぴり寂しかったりする。でも希望を捨てないでがんばることは、けっして無駄ではないはずだ。
Argentina Tango Time Part1. The tune was written as love song originally by Carlos Gardel. Fantastic title in Japanese inspires me various images. Coming true my dream has to be very happy for me ,on the other hand feel missed a little...Not giving up Hope, never waste on our life.

Daikoku Tohru / Bandoneon

7. ぺえぱあかんぱにい Paper Company(Oku Kazuhiro)  マンドリンの奥 和宏の手によるオリジナル・チューン。マンドリンの即興演奏に、ワイルドなスライドギターをオーバーダブしたアレンジが、ユニークだ。
This tune was written by Mandorin player-Oku Kazuhiro. It is the unique arrangement that overtubbed Wild Slide Guiter on improvisation on Mandorin.

Oku Kazuhiro / Mandolin, Slide Guitar

8. Three Welsh Jigs (trad.)
(Unknown / Aberdaugleddau / Hoffs Miss Williams)
 18世紀のウェールズのジグを3曲。当時はウェールズ固有の民族楽器クルース(竪琴型の擦弦楽器)やハープなどで、優雅に演奏されていたものと思われる(まだ蛇腹楽器は発明されていなかった)。ここでは、メロディオンとバンジョーによるリズムを強調した演奏が聴ける。バンジョーの豊かな響きは、5弦バンジョーをメロディックスタイルで弾くことによって生まれたものだ。
Three Welsh Jigs of 18th century. Suppose that in those days Welsh elegantly played on the local instrument or harp.(not invented a bellow instrument yet) Now,we can hear the play that emphasized rhythm on Melodeon and Banjo. Playing 5 strings Banjo in melodic style makes rich sound .

Yoneyama Eiichi / Melodeon
Kikuchi Hiroaki/ Banjo

9. Three Around Three(trad.)
 イングランドのダンスチューン。Let's dance together!
Dance tune of England.
Koizumi Masayoshi /Concertina
Koizumi Maki / Melodeon
Koizumi Toshiro / Acoustic Guitar
Oku Kazuhiro / Mandolin

10. Playford's Tunes
(Prince Rupert's March / St. Martin's / Bourree Piccadilly)
 Playford's Dancing Master第1版(1651)より。ティンホイッスルの幽玄な調べにテイバードラムが重なり、独特の効果を生んでいる。

From the first version (1651) of Playford's Dancing Master. Tabor Drum overtuned on profound and (quiet) elegant tin whistle makes a unique effect.

Ohshima Natsuo / Concertina, Jews Harp, Whistle
Yoneyama Eiichi /Tabor Drum

11. The O3 (Ozone)(trad.)
 この曲の原タイトルは、The Dullagen Reel。リールのリズムを木っ端微塵に粉砕し、テンポの異なる2つのリズムに組み立て直したのは、本アルバムのプロデューサー兼エンジニアでもある岡本正勇。ロケンロール万歳!? ラスタカラーのガンボスープを飲みながら、足を踏み鳴らすのだ。
Original title of this number is "The Dullagen Reel". Crushed rhythm of reel to pieces and reconstracted two different rhythm by a producer-engineer Okamoto Masao of this album. BANZAII rock'n roll!!! Let's beat our shoes with eating a Rasta color gumbo soup.

 Ohshima Natsuo / Concertina, Whistle
Okamoto Masao / Concertina, Guitars, Bass
Okamoto Yasuko / Melodeon, Piano
 Shibata Yasuhiro /Drums

12. Gallopede(trad.)
(Gallopede / First of May / Unknown)
 米山永一によるマルチダビング・マジック! 笛の音のような高音パートは、コンサーティーナ。ベースパートもメロディオンによるものだ。イングランドのダンスチューン2曲にフランスの曲をつなげてある。
Multi-dubbing Magic by Yoneyama Eiichi ! High tone part like sound of flute is actually playing on Concertina and base part on Melodeons. Connected two English tunes and French songs.

Yoneyama Eiichi/ Melodeons, Concertina, Morris Bells
Koizumi Maki / Melodeon

13. わが懐かしのブエノスアイレス Mi Buenos Aires Querido(Alfredo Le Pera - Carlos Gardel)
 アルゼンチンタンゴ・タイム・パート2。6と同じガルデルの曲で、故郷ブエノスへアイレスへの郷愁を歌った作品。ガルデルには、他にもVolver(帰郷)という望郷の想いを歌った名曲がある。
Argentina Tango Time Part2. The tune was written by Carlos Gardel longing for his home town Buenos Aires, same as the tune 6 in this album. He also wrote the famous nostalgic tune "Volver"

Daikoku Tohru / Bandoneon

14. ビギナーズ・ラック Beginner's Luck(Oku Kazuhiro)
 タイトルからもわかるように、もともとはマンドリンの練習曲のつもりで書かれた曲だという。あとでマイナーパートを追加するなどしているうちに、あまり初心者向けではなくなってしまったような・・・・。
The title tells the tune was originally written as an etude. For adding miner parts, it seemed to turn to be not for beginners.

Oku Kazuhiro / Mandolin

15. Dark Island 緑深き島(trad.)
 4本のボタンアコーディオンによる蛇腹オーケストラ。全体をリードするのは、コンサーティーナの大島夏生。曲はスコットランドのスローエアである。
JABARA ORCHESTRA on Four button accordion. The whole part are led by Concertina Player-Ohshima Natsuo . The tune is Scotland Slowair.

Daikoku Tohru / Bandoneon
Koizumi Masayoshi /Concertina
Koizumi Maki / Melodeon
Ohshima Natsuo / Concertina
Oku Kazuhiro Mandolin
Koizumi Toshiro / Acoustic Guitar

16. French Mazurka(trad.)
 小泉夫妻がイングランドで知り合ったメロディオンプレイヤー、Gordon Clarkさんの録音から覚えた曲。現地のプレイヤーに人気の高かったナンバーだそうだが、残念ながら曲名は不明。
Mr.&Mrs. Koizumi have met Melodeon player-Gordon Clark in England. This tune is learned from his play on recording tape. Though it was so popular in England, unfortunately the title was unknown.

Koizumi Masayoshi/ Concertina
Koizumi Maki / Melodeon
Koizumi Toshiro / Acoustic Guitar
Oku Kazuhiro / Mandolin

17. Taitou(trad.)
 フランスのポルカ。ケイジャンスタイルのトライアングルが心地良い。
French Porka. It is comfortable triangle play in Cajan style.

Yoneyama Eiichi / Melodeon
Kikuchi Hiroaki/ Banjo
Koizumi Maki / Triangle

18. Strayaway Child(Micheal Gorman)
 海を渡る風を見せるジグ。ほんの少し湿度のある空気を加えてみる。このアルバムでは、最も(唯一?)アイリッシュ的な音だろう。
This Jig shows us the wind blowing on the sea. Added a bit of humidity air. The (only ?)tune impress us Irish feeling in this album.

Ohshima Natsuo / Concertina, Whistle
Okamoto Yasuko / Voices, Melodeon
 Yoneyama Eiichi / Melodeon, Bodhran

19. Walter Bulwer's No.2 & No.1(trad.)
 The Old Swan Bandのバージョンが有名なポルカ。小泉真樹のフェバリット・チューンにして、十八番。
This Porka is famous for the version of the Old Swan Band. ...and the favorite tune and specialty of Koizumi Maki.

Koizumi Masayoshi/ Concertina, Bass
Koizumi Maki / Melodeon
Koizumi Toshiro / Acoustic Guitar
Oku Kazuhiro / Mandolin

20. 星に願いを When You Wish Upon A Star(Leigh Harline)
 バンドネオンの大國 徹は、この曲に並々ならぬ思い入れがあるらしい。「ディズニーは映画だけではなく、素晴らしい曲をたくさん残してくれた。音楽で子供たちに夢を与えることができれば・・・・」とは本人の弁。
Bandoneon player-Daikoku Tohru extremely loves this tune. He says "DISNEY left us not only movies but wonderful songs. I would give dreams to children on music,too."

Daikoku Tohru / Bandoneon,Keybord
Siraisi Hisao / Electric Guitar, Sound Effect
Okamoto Masao / Music Box

21. Home Party(trad.)
(Heal and Toe Polka No.1 / Willie Doherty / Ballyhoura Mountains)
 最後はにぎやかに、蛇腹ホームパーティバンドのセッション・チューンでおわかれ。バウロンやスプーンを加えたリズムが楽しい。小泉雅義が弾くベースラインの変化にも注目! The last of this album finishes up with cheerful and loudly. Happy rhythm adding Bodhran and Spoons. Pay attention to changing baseline by Koizumi Masayoshi!

Daikoku Tohru / Bandoneon
Koizumi Masayoshi /Bass
Koizumi Maki / Melodeon, Bodhran, Spoons
Ohshima Natsuo / Concertina
Yoneyama Eiichi / Concertina, Bodhran
Oku Kazuhiro / Mandolin
Koizumi Toshiro /Acoustic Guitar

GO BACK